ブランドヒストリー/CARTIER


世界屈指の名門ジュエラーとして、誰もが認めるカルティエ。しかし、カルティエの時計は、単なるアクセサリーの傍流ではありません。1911年、3代目当主ルイ・カルティエが、時計史上に名高い「サントス」を発表して以来、今につながる市販腕時計の歴史の扉は、まさにこのブランドが開いたといえるでしょう。類い稀なるエレガントなフォルム。
伝統に甘えることなく常に改新を続ける姿勢。あの赤い箱を開く時、誰もがカルティエ世界の虜となるのです。


カルティエ初の腕時計は「サントス」でした。
20世紀初頭、初期のサントスを復刻した、プリヴェ・コレクション。
サントス・デュモンは、ベゼルの形状はそのままに、今も洗練されたカルティエ美学によって美しいフォルムを色濃く残しています。
19世紀、懐中時計が主流であった中、カルティエ3代目当主、ルイ・カルティエがパリの社交界で出会った、豪富ブラジルの飛行家、その名もアルベルトサントス・デュモンのために作った腕時計がカルティエ初の腕時計となりました。空への夢を追い続けるサントス、「飛行中に操縦桿から手を離さずに時刻を知りたい。」そんな、彼の熱い要望から、紳士の実用的、且つステイタスシンボルとなるような、腕時計をイメージしました。当時、腕時計といえば軍事用時計にしかすぎなかったために、天才的な発想を発起させたといわれています。そして、プリンスサントスとの歴史的な出会いから、今やカルティエの代表作となる「サントス・デュモン」の腕時計に生命が吹き込まれたのでした。

パシャ誕生の背景に。
ゴールドケースのみだったパシャ、1990年に入り、ステンレスタイプも発表されました。他には、ゴルフ用、ムーンフェイズ、クロノグラフなどの複雑機能を搭載するものも歴代パシャシリーズに挙げられます。
1930年代、モロッコ社交界の豪族花形マラケシュのパシャ、ハージ・タミール・エル・メズアリ・エル・グラウィ(当時最高政治責任者であった)は、モロッコ人でありながら、フランスに深く関心を抱き、仏文化人との交流を広く持ったという。そのなかにルイ・カルティエの姿があった。
豪胆なパシャの依頼。
「自宅のプールで泳ぐ時にも時刻がわかる腕時計が欲しい。」と。パシャの欲望を満たす、技術開発の術は、この腕時計の開発に託されました。防水、ガラス欠損防止のためのグリッドガード、そしてリュウズキャップ。腕時計パシャは、その誕生背景から強烈な幕開けを果たしたのでした。

腕時計に夢と新たな創造を追い続け、伝統を未来へ継承し続けるブランド、カルティエ。
さらなる美と技術の追求により、カルティエのあくなき改新は続く。

カテゴリー: ブランドヒストリー   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>